日本列島、東北や九州で激しい雨 27日も警戒を

 日本列島は26日、大気の状態が不安定となり、東北や九州を中心に急な強い雨が降った。気象庁は、東北と東日本(関東甲信、北陸、東海)は27日も1時間に60ミリの非常に激しい雷雨の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

 気象庁によると、26日は宮城県丸森町で1時間に86・0ミリの猛烈な雨、大分県国東市(大分空港)で70・0ミリの非常に激しい雨を観測した。いずれもその地点の観測史上最多。ほかに秋田県湯沢市と愛知県豊田市で49・5ミリ、岩手県一関市で43・0ミリの激しい雨が降った。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ