青森、食用アヒルから鳥インフル 1万6500羽を殺処分

 青森県は28日、青森市四戸橋磯部の家禽農場で食用として飼育されているアヒルの遺伝子検査などをした結果、H5型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。大量死につながる高病原性ウイルスの可能性が高く、同じ農場で飼育する約1万6500羽全てのアヒルの殺処分を29日に始めた。

 県は家畜伝染病予防法に基づき、この農場から半径3キロ圏を卵や鶏を養鶏場から動かせない移動制限区域に、半径3~10キロ圏を区域外に持ち出せない搬出制限区域に指定した。移動制限区域では四つの家禽農場が約1万4千羽を、搬出制限区域では三つの家禽農場が約40万羽を飼育している。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ