膵臓がん免疫療法の治験へ 和歌山県立医大

 和歌山県立医大のチームは7日、膵臓がんの免疫療法の治験を、来年3月にも医師主導で始めると発表した。がんを攻撃する免疫細胞を強化する役割を持つ「樹状細胞」をいったん体外に取り出し、働きを活発にしてから体に戻す。

 治験は安全性や効果を確かめるのが目的で、保険適用が認められれば患者の経済的負担を軽減できるという。

 チームリーダーの山上裕機教授(肝胆膵外科学)は「抗がん剤や放射線治療が効かないケースでも、がんの抑制を期待できる」と話す。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ