仮設団地でXマスツリー、熊本 地震被災者に元気を

 熊本地震の被災者を元気づけようと、熊本県大津町の仮設住宅団地に19日、高さ約5メートルのクリスマスツリーが設けられた。夕暮れになり、鮮やかなイルミネーションが輝き始めると、子どもたちは大はしゃぎ。「わあ、すてき」と声を上げ、感動していた。

 家族4人で仮設住宅に入っている女性は「とてもきれい。子どもたちの無邪気な様子を見ると、私も元気になる」と笑顔。うれしそうにツリーとその周りに集まる人々を眺めていた。

 ツリーは地元の企業が企画。この団地には、地震で崩落した阿蘇大橋がある南阿蘇村の住民ら約80人が身を寄せている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ