阪大、「線維症」起こす細胞発見 治療薬開発に期待

 肺や肝臓、心臓などの臓器が硬くなって機能しなくなる「線維症」を引き起こす免疫細胞をマウスの実験で突き止めたと、大阪大の審良静男教授のチームが21日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 これまで知られていない細胞で、人にもあるのかは分かっていないが、審良教授は「線維症には有効な治療法がなく、炎症を抑える手法しかなかった。この細胞を標的とした薬の開発が期待される」と話した。

 チームは、この細胞を免疫細胞「マクロファージ」の一種で、核が二つに分かれているように見える未発見のものと確認し、SatMと名付け、線維症に関与していると判断した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ