西日本で再び激しい雨の恐れ 日本海側の島根と山口

 気象庁は29日、大気の状態が不安定になるため、西日本では日本海側を中心に30日朝にかけて再び激しい雨の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。記録的大雨で地盤の緩んでいる所のある島根、山口両県ではいっそうの注意が必要だ。

 気象庁によると、30日は島根県西部で1時間に30ミリ、山口県で40ミリの激しい雨が予想される。30日夕までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、島根県西部80ミリ、山口県100ミリ。

 朝鮮半島から北陸に延びる前線が30日朝にかけて南下。南から湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定になる。

PR

PR

注目のテーマ