難病患者放置死ミス認める、福岡 今津赤十字病院「深くおわび」

 福岡市西区の今津赤十字病院で昨年8月、難病患者の女性=当時(68)=がトイレに約2時間、放置され心肺停止状態で見つかり、約1カ月後に死亡した問題で、藤井弘二院長らが7日、同病院で記者会見し「遺族に深くおわび申し上げる」と述べ、医療過誤と認めて謝罪した。遺族側に賠償をする方向で話し合いを進めているとしている。

 病院側の説明によると、女性には見守りが必要だと院内で申し送りをしていたが、当時付き添った看護助手は別の業務のために引き継ぎの場に参加していなかった。

 公表が遅れた理由については「遺族に迷惑が掛かってはいけないと考えた」と説明した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ