温泉33カ所で基準超の硫化水素 環境省が初調査

 環境省が全国の温泉施設の硫化水素ガス濃度を調べたところ、5道県市の33浴槽で国の基準値を超えていたことが16日、同省への取材で分かった。同省は常に換気することを明記するなど、指針の改正を検討している。

 北海道足寄町の温泉施設(休業中)で2014年10月に男性客が中毒とみられる症状で意識不明となった事故を受け、昨年10~12月、自治体を通じて初集計した。

 環境省によると、33浴槽の内訳は北海道7、青森県13、宮城県4、山形県6、青森市3。同省は個別の施設名やデータを明らかにしていない。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ