焼き鳥店「山笠」終幕 博多の男衆集い35年 28日、はなむけの手一本

博多で35年にわたって親しまれてきた「炭火やき鳥山笠」の調理場で働く松原好一郎さん(手前右)=福岡市博多区店屋町 拡大

博多で35年にわたって親しまれてきた「炭火やき鳥山笠」の調理場で働く松原好一郎さん(手前右)=福岡市博多区店屋町

 博多祇園山笠を愛する男たちに親しまれた福岡市の焼き鳥店が28日、35年掲げたのれんを下ろす。「炭火やき鳥 山笠」(博多区店屋町)。開店当初は山笠の男衆に「なんか、この店名は」「山笠ばなめとるとか」とにらまれたが、今では「閉店したら、俺たちどこで飲めばいいと?」-。惜別の声が絶えない。

 1982年3月、脱サラした松原好一郎さん(63)が冷泉公園のそばに開店。店名は中央区出身の松原さんが「博多と言えば山笠」と軽い気持ちで付けたが、これが物議を醸した。

 「誰に断ってこんな店名ば付けたとや」。予想もしなかった猛反発に困り果てた。すがる思いで相談した土居流(ながれ)の幹部のとりなしで抗議は収まったものの「ここまでやってすぐに店を閉じたら困るばい。息の長い商売ばやりんしゃい」と念を押された。「今なら絶対に付けられない名前だった」と振り返る。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ