京大、iPS細胞提供を一部停止 試薬取り違えの可能性

 京都大は23日、再生医療用に備蓄した人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を外部の研究機関に提供するストック事業で、iPS細胞作製の際に使う試薬を取り違えた可能性があるとして、提供を一部停止すると発表した。

 今後、製造管理体制を強化するとした。

 iPS細胞を利用する際、患者自身の細胞から作ったiPS細胞を組織や細胞に変化させて移植すれば拒絶反応は起きないとされるが、時間や費用がかかる。このため京大は、拒絶反応が起きにくいiPS細胞を作って備蓄し、広く迅速に提供するiPS細胞ストックを構築している。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ