水俣病原因物質、防御機構を破壊 水銀中毒の治療薬開発に期待

 水俣病の原因物質であるメチル水銀を摂取すると、小脳などの脳血管に特定のタンパク質が生じ、脳内への有害な物質侵入を防ぐ仕組みが壊れ、血中の物質が漏れ出しているのを、新潟大脳研究所神経内科の下畑享良准教授らのチームがラットを使った研究で突き止め、24日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

 水俣病では、体の円滑な動きをつかさどる小脳や視覚に影響する大脳の後頭葉に障害が出て、ふらつきや視野狭窄の症状が現れる原因が分かっておらず、病態解明につながる可能性がある。

 下畑准教授は「メチル水銀中毒の初期段階に有効な治療薬の開発が期待できる」としている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ