いまどきの学校<43>大学サークル 電気自動車に青春かける

 往年の名車として知られ、人気漫画にも登場するトヨタの「スプリンタートレノAE86型」。マニアを魅了したシャープな車体はそのままだが、豪快なエンジン音がとどろくことはなく、車体は静かに動きだす。

 九州工業大情報工学部(飯塚市川津)の学生サークル「e-car」が所有するトレノ86はコンバート電気自動車(EV)。ガソリン車からエンジンなどを取り除き、モーターや鉛蓄電池を積み込んで動かす。最高時速は約70キロ。車検も通っているため、一般道での運転も可能だ。

 これまでEVの全国大会「四国EVラリー」で2度の優勝を誇るほか、昨年は茨城県の筑波サーキットで開かれた「日本EVフェスティバル」の1時間耐久レースに初参戦し、3位入賞を果たした。

 昨年3月には福智町で開かれた「ものづくり教室」にも出展した。町内の小学生約470人にEV作りの工程を説明し、「難しいと思って敬遠するのではなく、やってみて楽しさを知ってほしい」とものづくりの楽しさを伝えた。

    □   □

 e-carの前身になるサークルが誕生したのは2009年。当時はごみ拾いなどを行うボランティア団体だった。学生に頼まれて顧問に就任した同学部のパナート・カチョーンルンルアン准教授は「『活動の日なので来ませんか』と(学生に)誘われると、飲み会だったことも。当時は楽しく飲み会をやるのがメーンのサークルでした」と笑顔で振り返る。

 EV製作を助言したのは同学部の鈴木裕教授(当時)。「学生主体のプロジェクトに挑戦しよう」と呼びかけ、田川市の豆腐店から不要になったトレノ86を譲り受けた。

 「指導者も学生も専門分野外。エンジンを換えれば動くくらいに思っていた」(パナート准教授)が、甘くはなかった。トレノ86は後輪駆動車のためにモーターとギアボックスとの連携が一般的な前輪駆動車よりも複雑だった。“飲み会サークル”の気軽なノリだけでは作業もなかなか前に進まず、学内を走らせるまでに1年以上を要した。

 それでも実際に車が動いたことで、学生のやる気も高まり、蓄電池の重量バランス調整や絶縁対策などの難題を次々と克服していった。

    □   □

 現在の部員は10人で、OBの大学院生ら約10人も積極的に顔を出す。ただ、研究開発に加えてレース参戦時には運搬車を借りるなど、多額な資金が必要。部長の寺山裕さん(20)によると、本年度のサークル活動費は120万円で、必要な資金は同大学の「学生創造学習支援プロジェクト」を活用している。

 支給を希望する学生サークルなどのプレゼンテーションを学校側が査定する制度。支給額は1団体最大200万円で、本年度は19団体が採用された。人工衛星や救助ロボットの開発など、社会的に話題になった研究成果も次々に生まれている。

 e-carは現在、走行中のバッテリー残量や温度の変化を数値化することによる運転効率向上に取り組んでおり、将来的には自動運転の実現も視野に入れる。寺山さんは「コンピューターを扱う情報工学部生には得意分野。最初は本当に大変だったと思うが、先輩たちの思いを引き継いでぜひ実現させたい」と意欲的だ。

この記事は2017年02月07日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ