肝がん高リスクの遺伝子特定 C型肝炎患者、治療後発症

 「TLL1」という遺伝子に変異があると、C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスクが2・37倍になることを、名古屋市立大や東京大などの研究チームが8日までに突き止め、米学会誌電子版に発表した。リスクの高い患者を絞り込んで、がんの早期発見や治療につながると期待される。

 C型肝炎はC型肝炎ウイルスの感染によって発症し、悪化すると肝硬変や肝臓がんになる。チームによると、国内には150万人の患者がいるとされ、薬剤でウイルスを取り除く治療後も、一部の人はがんになることが知られていた。

 チームは治療後にがんになった253人を含む患者942人の遺伝子を解析した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ