大隅良典さん愛知で講演 自分の興味、疑問を大切に

 ノーベル医学生理学賞を昨年受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典さん(72)が11日、愛知県岡崎市で講演した。受賞後に一般向けに講演するのは初めてで「自分の興味、抱いた疑問を大切にしよう」と訴えた。

 大隅さんは1996~2009年、岡崎市にある自然科学研究機構基礎生物学研究所で勤務。講演では、ノーベル賞の授賞理由となった細胞のオートファジー(自食作用)の仕組みを説明し、長年の研究を「知的好奇心から進めてきた」と振り返った。

 若者に向けて「はやりを追うことはやめよう」「役に立つとは何か考えよう」などと強調した。

 岡崎市は同日、大隅さんに市民栄誉賞を授与した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ