映画監督の鈴木清順さんが死去 独特の色彩感覚と様式美

 独特の色彩感覚と様式美あふれる作品で知られた映画監督の鈴木清順(すずき・せいじゅん、本名清太郎=せいたろう)さんが13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。

 1956年に監督デビュー。小林旭さん主演の「関東無宿」や渡哲也さん主演の「東京流れ者」など、斬新な色彩感覚を生かした映画で人気を集め、自らの青春体験を反映させた「けんかえれじい」を発表した。

 原色を生かした映像美は「清順美学」と呼ばれ、「ツィゴイネルワイゼン」で日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。元NHKアナウンサーの鈴木健二さんは弟。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ