『歴史はもっとおもしろい 歴史学入門12のアプローチ』  福岡大学人文学部歴史学科 編著  (A5判・1050円)

『歴史はもっとおもしろい歴史学入門12のアプローチ』福岡大学人文学部歴史学科編著(A5判・1050円) 拡大

『歴史はもっとおもしろい歴史学入門12のアプローチ』福岡大学人文学部歴史学科編著(A5判・1050円)

 夏休みに歴史のおもしろさをじっくり味わってみてはいかが-。福岡大学人文学部歴史学科の教官たちが、史料から時代の変化や人間の本質を読み解く歴史学の面白さを伝える。

 日記や物語に出てくる夢の内容から、当時の社会と人との関係を探る「中世人と夢」。平安時代から鎌倉時代に栄えた博多の中国人街が消えた謎に迫る「中世博多のチャイナタウン」。19世紀に英国が中国への綿製品大量販売に失敗した原因を解き明かす「大英帝国の苦悩と中国巨大市場」など、日本史、西洋史、東洋史、考古学などの12の題材にアプローチ。教科書では語り尽くせない歴史の裏側にある思惑や事情を読み解いていく。2006年秋に同じ執筆陣で書かれた『歴史はおもしろい』の続編。

 《A5判・1050円》

=2013/08/04付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ