元祖セーラー服は博多たい!! 旧福岡女学校が「発祥地」 地元団体が案内板設置

 元祖セーラー服は博多たい-。福岡市博多区の地域おこし団体「ハカタ・リバイバル・プラン」(立石武泰会長)は16日、同市中央区薬院の電柱3本に「ニッポンセーラー服発祥の地」と記した歴史案内板を設置した。女子学生の制服の代名詞「セーラー服」を日本で初めて採用したとされる旧福岡女学校(福岡女学院の前身)の跡地。立石会長は「近年、京都発祥説が台頭しているが、いわゆるセーラー服の原型は福岡で生まれたことを改めて宣言したい」としている。

 日本のセーラー服は1921年、当時の同校のエリザベス・リー校長が「着物に代わる動きやすい服装を」と欧米で人気だったマリンルック調の学生着をアレンジして導入したのが始まり、というのが定説だった。ところが10年ほど前の大手制服メーカーの調査で、京都平安女学院が1年早く水兵襟の制服を採用していたことが判明。こちらを「日本初」とする声もあるが、立石会長は「上下ツーピースやプリーツスカートになっている点から見て全国に定着したセーラー服が博多発であるのは明らか」と指摘する。

 この日は、同団体や福岡女学院の関係者6人が立ち会う中、当時の制服姿の女学生の写真を大きく載せた案内板や、「ミス・ダイヤモンド」の愛称で親しまれたリー校長が地元の洋服店で試作を繰り返しながら独創的なデザインにたどり着いた経緯を記した案内板計6枚が3カ所の電柱に取り付けられた。作業を見守った福岡女学院中学・高校の二田真知子校長(65)は「全国初とか2位とか関係なく、本校はこのセーラー服の形を変えずに守ってきた。このような案内板を設置してもらい、ありがたい」と話した。

この記事は2017年01月16日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ