市民捜索 小さな命救う 佐伯2歳児発見 未明もライト頼りに 「いてもたってもいられず」 大分県

平山拓也さんが暦ちゃんを発見した現場には、暦ちゃんのものとみられる赤い靴が落ちていた 拡大

平山拓也さんが暦ちゃんを発見した現場には、暦ちゃんのものとみられる赤い靴が落ちていた

最後に目撃された畑の周辺を捜索する消防署員ら=6日午前7時13分、大分県佐伯市宇目 発見者の平山拓也さん(右)と握手する祖父の佐藤好昭さん=6日午前11時4分、佐伯市宇目

 大分県佐伯市宇目の畑で行方が分からなくなり、約21時間後に無事発見、保護された徳永暦(こよみ)ちゃん(2)=同市城南町=の捜索には、市民の姿も目立った。6日午前0時に警察と消防が捜索を中断した後も、懐中電灯などの明かりを頼りに活動。結果的に暦ちゃんが発見されたのは、捜索隊が捜していたのとは別のエリア。市民も加わった大がかりな捜索が小さな命を救った。

 「暗闇の中に光るホタルのように見えた」。菅地区の林業男性(70)は言う。6日午前0時に警察などが捜索をいったん打ち切った後も捜索を続ける人々が手にするライトだったとみられる。暦ちゃんの両親や親族が続ける捜索に、佐伯市の会社員播磨壯亮さん(40)ら2人も加わった。

 播磨さんは両親と知り合いではない。ただ、同じ2歳の娘を持つ親として「いてもたってもいられなくなり」捜索に加わることにした。仕事を終えて現地に着いたのが6日午前1時すぎ。宇目出身の高校の先輩と共に警察や消防の捜索が再開される早朝まで現地にとどまり、暦ちゃんの無事を願った。ボランティアは他にもいた。日出町の尾畠春夫さん(77)もその1人。各地で行方不明者の捜索に加わったことがあるという。

 宇目地域の消防団員は、総動員で89人が捜索にあたった。県警も50人以上を動員し、暦ちゃんがいなくなった菅地区の集落内や周辺の川沿いなどを捜した。5日の捜索では見つからず、6日朝からは集落から周辺の山林にまでエリアを広げていった。暦ちゃんを見つけた平山拓也さん(29)は、捜索隊が捜していない山林に自らの判断で分け入り、うずくまっている暦ちゃんを見つけた。

 結果として、捜索範囲として想定した区域外で暦ちゃんは発見された。関係者によると「目を離して5分の間」という意識があり、捜索範囲が比較的近場になってしまったことは否めないという。「捜索方法について勉強したい」。そんな声も消防関係者からは聞かれた。

この記事は2016年12月07日付で、内容は当時のものです。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ