春団治さんの名人芸しのぶ 大阪で一周忌追善落語会

 戦後、上方落語を復興させた「四天王」の1人で、昨年1月に死去した三代目桂春団治さんの「一周忌追善落語会」が26日、大阪・道頓堀の大阪松竹座で開かれた。昼の部では弟子に加え、桂歌丸さん(80)、桂文珍さん(68)ら東西の人気落語家が名人芸をしのんだ。

 冒頭に口上があり、直弟子と孫弟子が舞台上に並んだ。筆頭弟子の桂福団治さん(76)は「一門が団結して、あの世で師匠が喜んでくれるよう芸道に精進したい」とあいさつ。来年、四代目春団治を襲名する桂春之輔さん(68)も入門時の思い出を語った。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ