「ひるね姫」試写会で高畑充希 「気持ちが忙しい映画」

 アニメ映画「ひるね姫 知らないワタシの物語」(3月18日公開)の完成披露試写会が東京都内で開かれ、ヒロインの声を演じる高畑充希ら俳優陣が登場した。高畑は「泣きそうになったり、鳥肌が立ったり、気持ちが忙しい映画になっています。アニメの力ってすごい」とあいさつした。

 2020年の岡山県倉敷市に住む、昼寝が特技の女子高生が、夢の世界と現実をまたいで不思議な旅に出るロードムービー。

 高畑は慣れない声優の仕事に苦戦した様子で、「岡山弁も難しかったし、何より相手がどんな話し方をするか分からない中で、自分の声を入れるのになかなか慣れず、声優さんってすごいなと思いました」と振り返った。

 アニメの吹き替えは3度目という高橋英樹は、神山健治監督の“熱心な”演出に閉口した様子。「かなりしつこく指導をなさる方で、長いこと芸能生活をやっていますけど、5本の指に入る」と暴露し、神山監督は恐縮しきりだった。

 一方、古田新太は「さんざん声優(の仕事)はやってきているんで、ちょちょいのちょいです」と言い切り、笑いを誘った。

 他に満島真之介、江口洋介、前野朋哉が出席した。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ