拒絶反応抑える新手法、東北大 「マウスで効果」

 がん細胞を攻撃するなど免疫をつかさどるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを抑える手法で、移植手術後のマウスの拒絶反応「閉塞性細気管支炎」を緩和できたとの実験結果を、東北大のチームが28日付の米専門誌に発表した。

 炎症により気管支がふさがる閉塞性細気管支炎は、肺移植後の主な死因の一つ。従来は別の種類の免疫細胞が引き起こすことが知られていた。チームの小笠原康悦教授(免疫学)は「NK細胞も関わることが分かり、拒絶反応を抑える新たな免疫抑制剤の開発が期待できる」と話す。

 免疫細胞は、移植した臓器を異物とみなして攻撃するため、拒絶反応が起こる。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ