WHO、最も危険な細菌を公表 薬剤耐性の12種類

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は27日、抗生物質(抗菌薬)が効かず、世界的に大きな問題になっている12種類の細菌のリストを公表した。人類にとって最も危険な病原菌だとして、各国に抗菌薬の迅速な開発を促した。

 WHOは「これらの菌の抗生物質への抵抗は強くなっており、治療の手段は尽きつつある」と警告している。

 WHOは細菌を抗菌薬開発の緊急度に応じて「重大」「高度」「中位」に分類。重大は多剤耐性アシネトバクター、多剤耐性緑膿菌、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の3種類。

 高度の6種類にはMRSA、サルモネラ菌、ピロリ菌が含まれている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ