筋弛緩剤1本紛失か、水戸市 済生会総合病院

 水戸市の水戸済生会総合病院は28日、毒薬指定されている筋弛緩剤「エスラックス」の50ミリグラム入り瓶1本を紛失した可能性があると明らかにした。大人3人分の致死量に当たるという。

 病院によると2月21日、職員が筋弛緩剤の在庫を確認したところ、1本少ないことが判明した。筋弛緩剤は手術室の保管庫で管理していた。誤廃棄や記録上のミスのほか、盗難の可能性もあるとして、病院は28日に水戸署に連絡した。

 病院は「再発防止に努め、おわびする」とのコメントを出した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ