列島各地で激しい雨 6日も引き続き警戒

 日本列島は5日、大気の状態が不安定になり、東北から九州の各地で激しい雨が降った。気象庁は、6日は東北と東日本(関東甲信、北陸、東海)を中心に激しい雷雨が続くとして土砂災害への警戒を呼び掛けた。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

 気象レーダーによる解析では5日、福島、栃木、岡山、佐賀各県の一部で1時間に約110ミリ、鳥取県大山町付近で約90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表した。

 雨量計では奈良市や佐賀市川副町、鹿児島県霧島市で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨を観測し、8月の観測史上最多となった。

PR

PR

注目のテーマ