木下優樹菜「家族にねたまれた」 「ここたま」に出演

 タレントの木下優樹菜が映画「かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」(4月28日公開)のアフレコ取材会に登場。普段から長女らとテレビアニメ版を楽しんでいるといい、家族から出演をねたまれたと明かした。

 アフレコではカメラを前に緊張気味で、何度もやり直した木下。ただ今回の仕事は「やる気が出た」と気合が違った。

 それもそのはず、毎週のように家族で見ていた作品に出演できるだけでなく、新しいキャラクター「ハピピナ」の名付け親になり、声も担当したからだ。

 「名前は娘がああでもない、こうでもないと決めてくれた。『ラキたま』や『メロリー』に会ったのかと質問攻めにあっている」と木下。「長女は周りから『チビ優樹菜』と言われるくらい生意気で、私のことをライバル視することもある」と、子の成長ぶりを楽しそうに報告した。

 今回の出演に一番嫉妬したのは、意外にも夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史という。

 「アドバイスももらい、『もうちょっと声を張って元気良くやった方がいいよ』と見本も見せてもらったが、全然参考にならなかった」と駄目出しし、笑いを誘った。

 映画は、モノの神様「ここたま」が活躍するファンタジー。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ