平城宮跡出土の木簡、国宝に 重要文化財に帆船日本丸

 国の文化審議会は10日、平城宮跡(奈良市)から出土した奈良時代の木簡3184点や、深大寺(東京都調布市)にある飛鳥時代の銅造釈迦如来倚像など7件の美術工芸品を国宝に指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。横浜港で保存・展示されている帆船「日本丸」など37件を重要文化財に指定することも求めた。

 近く答申通り指定され、美術工芸品の重要文化財は1万686件(うち国宝885件)となる。

 平城宮跡の木簡には、役所の日常業務の記録や各地からもたらされた物資の荷札などが含まれ、当時の社会や経済の実態を伝える貴重な史料となっている。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ