7月末の豪雨、巨大積乱雲が原因 山口・島根

 気象庁気象研究所は6日、山口県萩市を7月28日に襲った豪雨は、幅10キロ超、高さ約15キロの「巨大積乱雲」がもたらしたとの見方を示した。下層の水蒸気と上空の寒気のため大気の状態が極めて不安定だったことに加え、上下層の風向きが違い、積乱雲が巨大化しやすい状況だった。

 気象研予報研究部第3研究室の加藤輝之室長によると、前日夜の福岡市上空4400メートルの気温は平年より約1度低い3・3度。上空500メートルとの気温差は22・1度で、昨年の九州北部豪雨のケースよりも大気は不安定だった。

PR

PR

注目のテーマ