立秋の列島、各地で猛暑 高知、三重、福岡35度超

強い日差しが照り付ける中、浴衣姿で京都・清水坂を散策する観光客=7日午前 拡大

強い日差しが照り付ける中、浴衣姿で京都・清水坂を散策する観光客=7日午前

 暦の上では秋が始まるとされる二十四節気の「立秋」の7日、日本列島は各地で晴れて気温が上がった。高知県四万十町で気温37・1度を観測し、三重県と福岡県の一部でも午前中から35度以上の猛暑日となった。

 気象庁によると、7日昼前までの最高気温は三重県南伊勢町35・2度、高知市と福岡市35・1度など6地点で猛暑日。岐阜県揖斐川町で34・8度など30度以上の真夏日は400地点を超えた。

 同庁は、東北から九州の各地で気温35度以上の猛暑日が予想されるとして「高温注意情報」を発表。小まめな水分補給や冷房の適切な使用で熱中症に注意するよう呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ