【デスク日記】中高年男性がおやじギャグを連発するのは…

 中高年男性がおやじギャグを連発するのは脳の変化が影響しているらしい。大脳皮質には同音異義語を検索する機能があり、語彙(ごい)の蓄積とともに次々とギャグを思い付く。一方で、ここは理性をつかさどる働きもあり、それが加齢で衰えて「周囲の視線を顧みず、思い付いたことをつい言ってしまう」のだそうだ。

 なぜ男性特有なのかという疑問はさておき、私も49歳、おやじである。自宅で大相撲中継を見ながら試みた。「稀勢の里関は優勝インタビューでこうユウ(言う)ショウ」「白鵬関が気をハク(吐く)ホウ」「横綱の地位をヨコヅナ(よこしな)さい」。家族の視線…やはり冷たかった。

 超大国のリーダーになったあの人、トランプ米大統領は就任後、大統領令に次々と署名。ギャグならぬ新たな策を打ち出し、世界が身構える。そこで「ホワイトハウス、Why(なぜ)? How(どうやって)?」。うーん、やっぱり苦しい。 (山本敦文)

この記事は2017年01月27日付で、内容は当時のものです

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ