元アイドルが弁護士に 1日15時間勉強し合格 故郷大分で事務所開設

「弁護士を身近に感じて、困った時は気軽に相談してほしい」と語る平松まゆきさん 拡大

「弁護士を身近に感じて、困った時は気軽に相談してほしい」と語る平松まゆきさん

CMに出演していた1989年当時の平松さん

 1990年代にアイドル歌手として活躍した平松まゆきさん(40)が司法試験に合格し、1月に故郷大分で弁護士事務所を開いた。法科大学院時代は何度も自主退学が頭をよぎり、試験前は大声で泣いたという。自らを奮い立たせたのは、アイドル歌手に通じる「困っている人を勇気づけたい」という思いだった。

【写真】CMに出演していた1989年当時の平松さん

 大分県別府市生まれ。アイドルを夢見ていた12歳の時、菓子メーカー「東ハト」のCMモデルコンテストでグランプリを受賞。憧れの芸能界に足を踏み入れた。15歳で単身上京。芸能事務所に入り、高校生で歌手活動も始めた。デビュー曲「たかが恋よされど恋ね」は人気テレビ番組「世界ふしぎ発見!」のエンディング曲に採用されたほか、ラジオ番組にレギュラー出演するなど活動の幅は広がっていった。

 でも-。「これでいいのかな」。安定しているとはいえない芸能活動。勉強をおろそかにせず、立教大(東京)を卒業して会社勤めもしていたが、それでも「何か手に職を付けなきゃ」。30歳に手が届く頃、漠然と不安を抱いたという。

PR

PR

注目のテーマ