列島、猛暑続く 高知・四万十市で38度

厳しい暑さの中、大勢の人たちでにぎわう遊園地「としまえん」のプール=8日午後、東京都練馬区 拡大

厳しい暑さの中、大勢の人たちでにぎわう遊園地「としまえん」のプール=8日午後、東京都練馬区

 日本列島は8日も晴れて暑さが続き、高知県四万十市で最高気温38・0度など111地点で35度以上の猛暑日となった。気象庁は、関東甲信と北陸から九州は9日も猛暑日になる所が予想されるとして「高温注意情報」を発表、熱中症への注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、最高気温が高かった主な地点は、大分県豊後大野市37・6度、宮崎県西米良村37・2度、奈良県十津川村37・1度。30度以上の真夏日は600地点を超えた。

 暑さと同時に、関東から九州の太平洋側と、沖縄・奄美は少雨が続いている。鹿児島県奄美市は6月29日から8月7日まで40日間連続、雨量がゼロ。

PR

PR

注目のテーマ