少女像保護 強まる運動 日韓関係憂える釜山市民も

大学生らで結成された「少女像を守る会」=釜山市東区 拡大

大学生らで結成された「少女像を守る会」=釜山市東区

釜山の日本総領事館前に設置された少女像 児童養護施設の子どもたちと遊んで日韓交流を図った「ぷさんさらん」

 韓国・釜山市東区の日本総領事館前に、従軍慰安婦問題を象徴する少女像が設置され、30日で1カ月を迎える。地元では、像を保護しようとする動きが盛り上がりを見せ、日本政府が求める撤去の見通しは立たない。像の保護に賛同の声が広がる一方、日韓関係の悪化を憂慮する市民の声は少なくない。 (釜山・鶴加寿子)

 「慰安婦問題を記憶するために少女像をたてた。このことを日本人にも伝えてほしい」。設置運動に関わってきた釜山大の馬禧陳(マヒジン)さん(22)は、像の前でこう訴えた。馬さんは大学生ら25人で「少女像を守る会」を18日に結成。交代で毎日2~3時間ずつ像を見守り、訪れた人に像の設置理由を説明している。

 守る会の学生たちは、2015年12月の慰安婦問題に関する日韓合意を問題視。「歴史にふたをしようとしている」と無効化を主張している。日本が拠出した10億円についても、馬さんは「金で問題が終わるとは思わない」と話した。

PR

PR

注目のテーマ