紫電改の空中戦映像か 宇佐の市民団体公表 45年、米軍撮影

米軍戦闘機が撮影した「紫電改」とみられる機体(豊の国宇佐市塾提供) 拡大

米軍戦闘機が撮影した「紫電改」とみられる機体(豊の国宇佐市塾提供)

 太平洋戦争時に米軍が撮影した映像の解析に取り組む大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」は30日、旧日本海軍の戦闘機「紫電改」の空中戦を捉えたとみられるカラー動画など11点を公表した。米国立公文書館から入手したもので、塾の織田祐輔さん(30)は「紫電改の空中戦映像が世に出るのは戦後初ではないか。貴重な史料だ」と話す。

 紫電改は零式艦上戦闘機(ゼロ戦)に代わる主力戦闘機として戦争末期に開発された。映像は30秒。1945年5月4日午前8時ごろ、鹿児島県喜界島の上空で交戦した米軍戦闘機の搭載カメラが捉えていた。当時、長崎県大村市の海軍基地所属だった36機が沖縄戦支援に向かっていたという。

 塾は2011年から米国立公文書館に保存されている映像の収集を開始。日本への空襲などに関する計26時間分について、日時や場所を特定しながら順次公開している。今回の映像は、宇佐市で13日にある「第13回宇佐航空隊平和ウォーク」で一般公開される。

この記事は2017年05月01日付で、内容は当時のものです。

PR

PR

注目のテーマ