土曜外来の診療科目削減 東京の聖路加国際病院

 聖路加国際病院(東京都中央区)は12日、勤務医の長時間労働を抑制するため、土曜日の外来の診療科目を34から14に削減すると発表した。労働基準監督署の調査を受け、改善策として打ち出した。救急や一般内科、小児科など主要科目の外来は続ける。

 病院によると、昨年6月に中央労働基準監督署(東京都)の調査を受け、昨年4~6月の勤務医の残業時間が月平均約95時間に達しているなど、長時間労働が常態化しているとの指摘を受けていた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ