英でピンク・フロイド展 50年の足跡たどる

 【ロンドン共同】英国を代表するロックバンドの一つ「ピンク・フロイド」がデビューアルバム発売から50年を迎え、足跡をたどる回顧展が13日、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館(V&A)で始まった。10月1日まで。

 ピンク・フロイドは音楽と映像を融合させるなど実験的なプログレッシブ・ロックの先駆的存在。回顧展は、メンバーが使った楽器や手書きの楽譜、ポスターなどを展示し、代表的な「狂気」「ザ・ウォール」などアルバムごとのバンドの足取りを音楽や映像を通して振り返る内容。大画面でのライブ映像も楽しめる。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ