アキラ、裸の苦労語る 100%のお盆芸で四十肩

 お笑いタレントのアキラ100%が、東京都内で行われた米ドラマ「リミットレス」のDVD発売記念イベントに登場。股間をお盆で隠し続けるネタでブレーク中だが、手の酷使で四十肩になったと、絶対に見せてはいけない全裸芸ならではの苦労を語った。

 ドラマは特殊な薬の効果で、脳の機能が100%まで高まり、超人的な能力を発揮する男を描く。アキラには、裸をお盆で隠しながら、六面立体パズルやバッティングマシンをこなし、記憶力や運動能力を高める企画が与えられた。

 この日も鉄板ネタの「丸腰刑事」で、お盆を高速でひっくり返すギリギリの技を見せたアキラ。

 2月にひとり芸の日本一を競う「R―1ぐらんぷり」で優勝した後は、仕事が「100倍くらい」に増えたという。

 うれしさの半面、「夢と希望が詰まっている」お盆技へのプレッシャーは、一層高まっている様子で、イベント後の囲み取材では「やりすぎで四十肩になり、激痛を感じながらお盆をひっくり返すこともあった」と、苦労も明かした。

 さらに女性リポーターからは、本当に全裸なのかを確認する質問が。そこは「常に背水の陣でいる」とかわしたが、なおも、お盆の返しを「スローモーションで」とリクエストされ「セクハラはやめてください」と大粒の汗を流していた。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ