がん患者は働くな、とやじか 受動喫煙議論の自民部会

 受動喫煙の防止策を非公開で議論した15日の自民党厚生労働部会で、たばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴える議員の発言に「(がん患者は)働かなくていい」という趣旨のやじがあったとして、患者団体が反発している。

 政府は、働き方改革で病気の治療と仕事を両立できる環境の実現を目指す。昨年成立した改正がん対策基本法も、患者が仕事を続けられるよう企業に配慮を求めており、この流れに逆行した発言と受け止められている。

 やじを受けた三原じゅん子参院議員は取材に対し、部会が非公開だったことを理由に詳細は明かさなかったが「本当に残念」と述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ