福岡市、10日連続猛暑日 最長記録を更新

 福岡管区気象台は15日、福岡市で35度以上の猛暑日の継続日数が観測史上最長の10日連続となったと明らかにした。気象台によると、同日午後1時までの福岡市の最高気温は35・7度。福岡県などが大渇水となった1994年8月4~12日の9日連続を更新した。

 福岡市の今夏の猛暑日は計23日となり、2010年の24日に次いで観測史上2位になっている。気象庁によると、正午までの県内の最高気温は、太宰府市34・9度▽飯塚市34・4度▽北九州市八幡西区34度-など。


=2013/08/15付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ