京都五花街の舞妓勢ぞろい 「都の賑い」合同けいこ

 京都五花街の舞妓と芸妓がそろって舞を披露する伝統芸能特別公演「都の賑い」の合同けいこが13日、京都市東山区の宮川町歌舞練場で行われた。

 けいこには祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の各花街から4人ずつ計20人の舞妓が参加。舞の流派が異なるため、毎年公演前に合同でけいこしている。

 この日は、「京小唄」に合わせ練習。客席から京舞井上流家元の五世井上八千代さんらが、お辞儀のタイミングや足の運び方を指導した。宮川町の舞妓ふく朋さん(19)は「次回はきれいに合わせられるよう、花街の代表としてきばらせてもらいます」と話した。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ