22年度にも全線復旧目指す 南阿蘇鉄道、国が支援検討

 熊本地震で被災した第三セクター「南阿蘇鉄道」(熊本県)の全線復旧に向け、政府が復旧費の9割以上を補助する支援策を検討していることが13日、分かった。国土交通省は早ければ2022年度の全線復旧を目指し、関係省庁や地元と調整を進める。

 同鉄道は、熊本県の南阿蘇村と高森町の17・7キロを結ぶ。被害が甚大だった立野―中松(10・5キロ)が運休しており、国は全線復旧に必要な費用を65億~70億円、期間は設計着手から5年程度かかると試算している。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ