福岡、税管理役所の高床倉庫か 「大宰府跡」で出土

 福岡県太宰府市の特別史跡「大宰府跡」の発掘調査を行っている九州歴史資料館は13日、九州各地から税として集めたコメや布などを管理した役所とされる「蔵司」推定地で、碁盤の目のように並んだ8世紀ごろの礎石(建物の基礎となる石)4個と、礎石を取り除いた複数の跡が見つかったと発表した。倉庫2棟の土台の一部とみられ、多数の柱で支える高床式建物と考えられるという。

 資料館によると、見つかった倉庫1棟の大きさは、未発掘部分が残っているものの、推定で南北12メートル、東西7・2メートル。礎石の間隔は2・4メートルで、南北に六つ、東西に四つ並ぶ24本柱だったとみられる。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ