森の木々や土に磨かれ 名護市・羽地ダム 「水の恵み」列島フォトリレー

 沖縄県本島北部に位置し、豊かな自然に囲まれた名護市。同市田井等の多野岳麓に位置する羽地ダムの上流側の林道脇に、2本のパイプが山裾から伸びており、多野岳に降った雨水が、森の木々や土に磨かれ、まろやかで甘い清水となって流れ出している。地元の人のみならず、沖縄本島中南部からも水くみに訪れる人が後をたたない。

 清水が流れるパイプは、約20年前にダム建設前の道路工事の際、作業員が飲み水としてパイプを引っ張り設置した。その後、甘みを感じるその味が地元住民に評判となり、現在のような人気スポットとなった。

 取材に訪れた日も、甘くすんだ清水が持参のポリタンクに溜まるのをのんびりと待つ人たちの姿があった。沖縄市から訪れた冨名腰朝助(82)さんは「ここの水が一番美味しい、泡盛とも合う」と笑った。本部町でベゴニア園を営む具志堅はつさん(67)は「この水でいれたコーヒーは味が全然違う。お客さんに出すコーヒーもこの水を使っている」と胸を張った。
(写真と文・新里圭蔵=琉球新報)

   ◇   ◇

 西日本新聞と友好紙による列島フォトリレー。生活に密着した水をテーマに、各地の「水の恵み」を紹介します。

 2017 西日本新聞

PR

連載 アクセスランキング

PR

注目のテーマ