台風12、13号が相次ぎ発生 沖縄の南海上

 気象庁によると、18日午前9時、沖縄の南海上で熱帯低気圧が台風12号に変わった。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。時速約10キロで東に進んだ。

 また、18日午後3時、ミッドウェー諸島近海でハリケーンが台風13号になった。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。時速約20キロで西北西に進んだ。

PR

PR

注目のテーマ