台風3号、九州北部に接近 4日朝上陸の恐れ

 台風3号は3日、沖縄県近くの海上を北上した。4日朝には九州北部に接近し、上陸する恐れがある。九州北部では非常に激しい雨が降る可能性があり、気象庁は警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風3号は3日正午現在、沖縄本島北西の東シナ海にあり時速30キロで北に進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。半径150キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 九州北部では4日明け方から雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。4日正午までの24時間予想雨量は福岡、佐賀、長崎、熊本各県の多い所で150ミリ。大分県で120ミリとなっている。

 一方、南からの暖かく湿った空気の影響で3日も九州各地で気温が高くなり、福岡県内の多くの地域で午前中から30度を超す真夏日となった。

 2017/07/03付 西日本新聞夕刊

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ