笑福亭グルーに改名? 鶴瓶と生瀬、息ぴったり

 アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版完成報告会が東京都内で開かれ、主人公グルーの声を演じた落語家の笑福亭鶴瓶が登場。双子の兄弟役の俳優、生瀬勝久と役柄同様に息の合ったところを見せた。

 黄色い生物集団ミニオンたちが活躍する人気シリーズの第3弾。今作はグルーの双子の兄弟ドルーが現れ、大騒動に拍車がかかる。

 劇中では、グルーとドルーがお互いのまねをするシーンも。鶴瓶が「ここは楽しかった」と収録を振り返ると、生瀬は「(物まねタレントの)コージー冨田さんに勉強しに行こうと思った」と応じ、笑わせた。

 第1作からグルー役で出演を続ける鶴瓶は「(別の)番組で公園とかに行くと、子どもから『鶴瓶』じゃなく『グルー』と呼ばれる。それはすごいよ」とシリーズの人気を実感。

 すると生瀬が「『笑福亭グルー』でいいじゃないですか」と“改名”を提案し、鶴瓶が「どんな漢字を書くの」と切り返すなど、和気あいあいとした掛け合いが続いた。

 報告会には、俳優の松山ケンイチ、お笑い芸人のいとうあさこ、歌手の中島美嘉ら他のキャストも出席した。21日公開。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ