九州豪雨受けDMAT9隊が出動 福岡県内で医療支援

 厚生労働省は7日、九州豪雨を受けて災害派遣医療チーム(DMAT)9隊が出動し、福岡県内で活動していると発表した。うち3隊は朝倉市にある災害拠点病院の朝倉医師会病院でけが人の診療などに当たっているという。

 厚労省によると、いずれも福岡県知事が派遣した部隊。福岡県や朝倉市の災害対策本部で医療ニーズの把握などを担当するほか、朝倉市内の公園で患者の搬送支援やトリアージ業務も担う。

 また厚労省のまとめでは7日正午時点で福岡県朝倉市や東峰村、大分県日田市などで計約2800戸が断水。朝倉市と東峰村では浄水場の施設が被害を受けており、復旧に時間がかかる恐れがある。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ