福岡「沖ノ島」、世界遺産に決定 勧告覆し全8資産登録

 【クラクフ共同】ポーランド・クラクフで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は9日、東アジアの交流の歴史を示す福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。構成資産の半数の除外を求めた諮問機関の勧告を覆し、日本が推薦していた8資産全ての登録を決定した。

 登録は2013年の「富士山」(山梨、静岡)以降5年連続で、文化遺産17、自然遺産4の計21件になる。沖ノ島は原則として一般の立ち入りが禁じられているが、九州本土にある宗像大社なども登録されることになり、地元の観光振興への期待も高まりそうだ。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ