豪雨派遣レッドサラマンダー帰還 岡崎市消防本部の全地形対応車

 九州北部の豪雨で福岡、大分両県に派遣された愛知県岡崎市消防本部の全地形対応の消防車両「レッドサラマンダー」が任務を終え13日、岡崎市に帰還した。総務省消防庁が2013年に全国で唯一、交通の便が良い同本部に配備した。岡崎市消防本部によると、災害現場での活動は初めて。

 正午ごろに同本部に帰還した光田尚人隊長は「被災された方々は大変な思いをされている。今後もしっかりとお役に立てるようにしたい」と話した。大竹郁男消防長は「当初の目的は達成できたと思うが、反省すべき点があれば反省し、発生が予想される南海トラフ地震などに対応できるよう精進してほしい」と述べた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ