九州豪雨、筑後川流域で集中捜索 佐賀で男性遺体

 九州北部の豪雨を受け、依然10人と連絡が取れていない福岡県朝倉市の筑後川と支流の流域で16日、自衛隊と消防隊、県警の約2千人を動員した集中捜索が行われた。川沿いで土砂に埋まった無人の車2台が見つかったが、人の発見には至らなかった。一方、佐賀県警によると同日夕、同県みやき町の筑後川沿いで男性の遺体が見つかった。

 佐賀県警鳥栖署によると、午後5時10分ごろみやき町の筑後川沿いに遺体が浮かんでいるのを近所の男性が発見。遺体の年齢は不詳だが成人とみられ、全裸でうつぶせの状態だった。豪雨犠牲者の可能性もあるとみて関連を調べる。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ