エイズ死者、推計100万人 国連、ピーク時より半減

 【ジュネーブ共同】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は20日、2016年のエイズに関連した死者は推計100万人で、ピークだった05年に比べ、ほぼ半減したと発表した。抗ウイルス薬による治療が世界的に普及したのが最大の要因。

 抗ウイルス薬の治療を受けた患者は16年には推計1950万人に達した。UNAIDSは「20年までに3千万人に治療を施すとの目標達成が軌道に乗りつつある」と強調した。

 国連は30年までにエイズの流行を終わらせるとの計画を掲げ、全患者に抗ウイルス薬の治療を行うことを目指している。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ